2016年02月16日

血液型相互関係 血液型の力関係と相性について 後編(2/2)

 血液型の力関係と相性とは?
A型・B型・AB型・O型の4人がまったく同じ体験をしたとしても、その体験後の反応や考え方、対処の仕方は4種4様。このような現象が起こる原因のひとつとして《血液型の違いによるもの》という説があります。
例え全く同じ事象が目の前に起こったとしても、物事の見方や価値観といった部分で血液型によって対処や捉え方は様々。
このような血液型による物事の捉え方の違い=血液型相互関係《血液型の力関係》といい、同時にこれは《血液型による相性》の基本を表すことになります。

前回(前編)では上記した内容を掘り下げ、各血液型の相互・力関係を詳しく記述しました。
本記事は完全な続投、前編を踏まえた記事内容になっていますので、未読の方は必ず前編を読んだ上で本記事を読み進めていくようにしましょう。

血液型の力関係と相性について 前編(1/2)

読書.jpg


それでは前回の続きに入っていきます。

血液型の力関係と相性についての知識は十分理解した。
今後は獲得したこの知識を上手く使って、相性の良い人間を見つけよう♪


女性1.jpg


はい。血液型の力関係を踏まえた相性という定義で捉えるのであればパーフェクト!
仮に記述試験を実施するのであれば100点満点の解答といえるでしょう・・・が、人生というものは定義という括りで簡単に片付けられるものではありません。
結局のところ人と人との相性なんてものは・・・【相性が良い=好き・相性が悪い=嫌い】で良いですし、現に世の中はそのような考えの上で成り立っていることも多いかと思います。


続きを読む
posted by ころん at 21:17| Comment(0) | 血液型の力関係と相性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

血液型相互関係 血液型の力関係と相性について 前編(1/2)

 血液型の力関係とは?
A型・B型・AB型・O型の4人で街を闊歩しているとき、目の前で何かしらの事件を目撃したと仮定します。
遭遇した事件はタイミングも規模もまったく同じ。つまり体験したことは4人とも寸分狂いなく同様のものになりますが、事後の反応や考え方、対処に仕方は個々様々。
勿論これに関しては沢山の原因が考えられるのですが、数ある説の中のひとつとして《血液型の違いによるもの》という見方で捉えることが出来ます。

血液型君たち.gif


例え全く同じ体験をし経験を積んだとしても・・・だけでなく、他にもあらゆる物事の見方や価値観といった部分においても血液型によって対処や捉え方は様々。
極端な例になりますが、例えばA型の人がある事象について理不尽なことだと熱く感じたとしても、B型の人にとってはそんなの当たり前で普通のことと意に介さず、O型の人は理不尽どころかそれは正しいことと言い張り、AB型の人は無感情無関心なんてことが起こってしまうのです。
このような血液型による物事の捉え方の違い=血液型相互関係《血液型の力関係》といいます。

 各血液型の相互力関係
血液型の力関係とは血液型による相性の基本を表しており、定義としては以下のような力関係になるといわれています。ご自身の血液型の力位置を確認してみましょう。

A型>O型
O型>B型
B型>AB型
AB型>A型
左位置の血液型に優位性があることを意味しています。
またA型とB型のような力関係に該当しないものは、力関係が平等になります。

女医.jpg

皆さんの血液型の力位置はお分かりいただけましたか?


ではこの結果を踏まえた上で、次は力位置と相性についてのお話に入っていきます。
ご自身の力位置と他の血液型との力関係を頭に入れ、このまま読みすすめていきましょう。


続きを読む
posted by ころん at 17:47| Comment(0) | 血液型の力関係と相性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

血液型の種類 意外に知られていない!? 六種類の血液型

 血液型の種類

『血液型にはどんな種類がありますか?』
と聞かれると皆さんはどのように答えますか。
おそらくほとんどの方が【A型】【B型】【AB型】【O型】の4種類と即答するのではないでしょうか。

血液型君たち.gif


前回記事では血液型ごとの性格一覧を紹介させていただきました。
自身の《性格=血液型》を照らし合わせた結果、勿論当たっている方もおられたかと思いますが、逆に血液型と性格が合致しない、もしくは複数の血液型が複合された性格だったというケースも同時に数多く見られたのではないでしょうか。
そのような結果を招いたひとつの要因として考えられるのが今回扱う血液型の種類になります。
意外と知られておらず、また意識される方も少ないのですが人間の血液型は大きく分けると【A型】【B型】【AB型】【O型】の4種類、そこから更に細分化させていくと《6種類の血液型》に分類することが出来るのです。

本ブログで今後扱っていく血液型診断は、上記した要素などを踏まえての診断になるため《血液型の種類》に関してはそれほど意識を持つ必要はありませんし、関心がなければこのまま読み進めなくても構いません。
ですが、広義的に捉えれば血液型の予備知識として知っておいて損のない内容になりますので、興味のある方は簡単にでも一読しておきましょう。


続きを読む
posted by ころん at 23:16| Comment(0) | 血液型の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

血液型ごとの性格一覧【A型】【B型】【AB型】【O型】

 血液型ごとの性格

【A型】【B型】【AB型】【O型】
各血液型ごとの性格、皆さんはどのような第一印象をお持ちですか。

A型であれば堅実で慎重な性格。
B型であれば束縛を嫌うマイペースな性格。
AB型であれば合理的で二面性のある性格。
O型であれば大らかで人間味のある性格。

上記したものは簡単な一例になりますが、数多くのメディアや雑誌、また他者との会話を通して爆発的に蔓延している(ステレオタイプの)血液型診断。
あまり血液型といった類には拘りがなく興味の薄い方でも、各血液型ごとの性格にこのような第一印象をパッと頭に思い浮かべた方も多いのではないでしょうか。

読書.jpg


今回は一般的に広く認知されている各血液型ごとの性格を紹介していきます。
あくまで傾向レベルの性格診断であり、信憑性はもとより決して100%鵜呑みに出来るものではないのですが・・・あまりにも広く浸透しているだけに、一種のインプリント(すり込み現象)といえるほど客観的には各血液型の第一印象として(自他共に)捉えられるケースが多いことは間違いありません。

後半ではA型・B型・AB型・O型、各血液型ごとの性格一覧を記載。
ご自身は勿論のことお友達や恋人など、血液型と性格を照らし合わせ個人分析をおこなってみましょう。


続きを読む
posted by ころん at 01:09| Comment(0) | 血液型ごとの性格一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

血液型による性格・相性診断 その科学的根拠(信憑性)は?

 血液型とは?
血液内に存在する血球が持つ抗原の違いによって分類した血液の《型》のことをいいます。
遺伝性の先天的なものであり生をうけて以降絶対に変化することのない血液型。本来は皆さんもご存知の通り輸血や抗体など医療分野で活用されたり、また社会的側面では血統(生まれや自己証明)にも使われたりします。
ですが、時代の流れと共に【血液型】に対する価値観や認識は流動していき、近年では様々なメディアや書籍を通し血液型には新たな活用法が見出されてきています。

『血液型はなに?』
『A型だよ。』
『じゃあ几帳面な性格でしょ!部屋とか綺麗なんだろうなぁ。』
『ちなみにわたしはB型だよ。』
『あっ!?じゃあ自由気ままな性格なんだろ!』


『彼氏の血液型はAB型かぁ。
ちょっと二面性あるっぽいから気をつけないと!
ちなみに私の血液型との相性は・・・』



『彼女はO型か・・・。
本には八方美人で大雑把な性格って書いてるなぁ。
俺はA型で潔癖なとこあるし相性悪いのかも。』


上記したような血液型に対する会話や個人の見解、誰もが一度は実際に行ったり心に抱いたことがあるのではないでしょうか。

女性1.jpg


近年では血液型から個人を診断し【性格・相性・占い】といった分野で活用するスタイルが、男性・女性といった性差に関わらず、特に若年層の間で爆発的に浸透しています。
このような時代の流れは、今まで一部の職種を除いてあまり着目されることのなかった血液型に対する興味や知識が増えたということを表しており非常に喜ばしい事態なのですが・・・

血液型による性格や相性があるって本当?
その科学的根拠は本当にあるの?

浸透すればするほど実際に診断される方も増えていくので、その被験者分母増加に比例してこのような意見が出てくるのは当然のこと、数多くの疑問を訴える声が生じてきます。
まず今回はこちらの疑問に着目《血液型による性格・相性診断の信憑性》について記述していきます。


続きを読む
posted by ころん at 23:13| Comment(0) | 血液型診断の信憑性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。